2016年11月4日 - 希咲クリニックスタッフ

インフルエンザ予防接種はいつ打つの?効果と持続期間について!

朝夕少し冷え込む日が出てきました。

皆様、体調を崩されていませんか?

大阪でも、インフルエンザの発生が報告されています。

今回は、これから流行本番のインフルエンザについてのお話です。

img_4304

 

先日、子どもがいるクリニックスタッフAさんと、院長がこんなやり取りをしていましたよ。

 

スタッフ: 「今年、インフルエンザのワクチンどうしよう・・・。ワクチン打っても、子どもたち、毎年インフルエンザにかかるし・・・。私もうつされるし・・・。効果あるのかな?値段も結構するし・・・」

 

院長: 「残念ながら、インフルエンザワクチンは、感染を完全に抑えることはできないんだよ。でも、インフルエンザにかかってしまったとき、肺炎などの重い合併症になるのを軽減してくれる可能性があるといわれているよ。お年寄り、妊婦さんは特に打っておいたほうがいいよ。」

 

スタッフ: 「じゃあ、いつ頃、注射をうてばいいの?」

 

院長: 「インフルエンザは、毎年12月から3月ごろに流行するから、11月中に打っておいたらいいよ!」

 

スタッフ: 「ワクチンの効果は、どれくらい続くの?」

 

院長: ワクチンは、注射を打ったあと、2週間くらいから効果が出始めて、5か月くらい続くよ

 

スタッフ: 「そうなんだ。ワクチンで、インフルエンザになっちゃうことはない?」

 

院長: 「ワクチンは、インフルエンザウイルスの働きをなくしてあるから、ワクチンでインフルエンザを発症することはないよ

 

スタッフ: 「なるほど!先生ありがとう」

 

希咲クリニックでは、インフルエンザワクチンの接種ができます。ネット予約も承っています!

*インフルエンザWEB予約では、日程と午前or午後来院の選択が可能です。

予約後は、選択の診察時間内のお好きな時間にご来院ください。お待ちしております!

インフルエンザWEB予約はこちらから!