ホルモン注射

ホルモン注射

当院では性同一性障害でホルモン療法を希望する方にホルモン注射を施行しています。ホルモン療法は一度の投与で著名な身体的変化があらわれることはないため、継続投与が必要です。またホルモン療法中は血中濃度のチェックや副作用に注意するため必要時に採血検査を行います。

女性ホルモン摂取

効果、変化:
乳房の発育、女性らしい体型への変化(骨盤周囲への体脂肪の増大)、ひげや体毛の減少、高い声、睾丸収縮、肌ツヤの変化

副作用:
血栓症、心筋梗塞、脳梗塞、心不全、高血圧、肝機能異常など

男性ホルモン摂取

効果、変化:
月経停止、筋肉の発達、男性らしいひげや体毛の増加、頭髪の減少、低い声

副作用:
にきび、肝機能異常、体重増加、血清コレステロールの上昇、骨粗霧症など

項目内容料金(税抜)
ペラニンデポー(卵胞ホルモン製剤)男性から女性へMTF
1回2A
※2~3週間おき、筋肉注射です
3,000円
プロケデポー(黄体ホルモン製剤)男性から女性へMTF
一回1A
※2~3週間おき、筋肉注射です
1,000円
テストロンデポー(男性ホルモン)女性から男性へFTM
※2~3週間おき、筋肉注射です
2,000円