性病検査

淋菌、クラミジア【子宮頸管】

淋菌とは淋菌による細菌感染症で性感染症として起こります。

クラミジアとはクラミジアトラコマティスという細菌による感染症で、性感染症の中で最も多い疾患です。

潜伏期間:
淋菌   :性交後2~数日
クラミジア:性交後1~3週間

症状:
女性はおりものの増加や悪臭、膿のようなおりもの、外陰部のかゆみ、性交痛、下腹部痛、不正出血などがありますが症状が軽く、気づかないこともあります。男性は排尿時痛や膿尿などの症状があります。放置して感染が長期化すると子宮頸管とどまらず、腹腔内に上行感染し不妊や肝周囲炎、骨盤内炎症性疾患を引き起こす原因となります。

診断:
膣の奥の子宮頸管部を専用の綿棒でぬぐい、PCR法で診断します。

治療:
抗生物質の投与

治療後当院では再検査を行い、完治を確認して治療を終了しています。

淋菌、クラミジア【口腔】

オーラルセックスの広まりとともに、淋菌やクラミジアが咽頭に感染する方が増加しています。
受診しても風邪と誤診し見過ごされることもありますが、咽頭淋菌やクラミジアに有効な抗生物質を投与しなければ治りません。

潜伏期間:
1~3週間後

症状:
のどの腫れや痛み、違和感、発熱などがあります。

診断:
のどを専用の綿棒でぬぐい、PCR法で診断します。

治療:
抗生物質の投与

淋菌やクラミジアの診断がついた方は、パートナーの治療も行っています。

当院は淋菌・クラミジア検査で陽性が出た方に、ご希望の連絡先にお電話させて頂いています。

淋菌・クラミジアの検査から結果が出るまでの日数:

検査日:午前の診察→結果:当日17:00~18:00頃
検査日:午後の診察→結果:翌日17:00~18:00頃
(再検査の場合や、休診日祝日を挟む場合は、結果が出るまで数日を要します。)

カンジダ症

カンジダとは常在菌であるカンジダ属の繁殖によっておこる性器の炎症です。性行為の感染だけでなく、抗生剤の服用などでもともと膣内に常在していたカンジダが繁殖して発症します。

潜伏期間:
膣にいる常在菌なのでとくに発症期間はありません。

症状:
酒かす状やヨーグルト状のおりものの増加、かゆみ、外陰部の発赤、腫れなどがあります。

診断:
膣を専用の綿棒でぬぐい、顕微鏡や膣培養で診断します。

治療:
抗真菌薬の膣錠や塗り薬、膣洗浄

膣トリコモナス

トリコモナスとはトリコモナス原虫という虫によって引き起こされる性感染症です。

発症:
性交後5日~1か月間、その他衣類や便器、内診台などからでも感染します。

症状:
黄色や泡立ったおりものの増加、悪臭、かゆみ、膣壁の発赤などがあります。

診断:
膣を専用の綿棒でぬぐい、トリコモナスの培養検査で診断します。

治療:
抗原虫薬の内服、膣錠の投与

エイズ(HIV)

エイズとはエイズウイルス(HIV)によって感染します。HIVを含む体液が粘膜や傷口などに接触することで感染する可能性があります。現在は性行為による感染が多くみられます。

潜伏期間:
HIVに感染して2~4週間頃はインフルエンザ様症状がみられることがありますが、数日から数週間で症状は自然に軽快します。その後、無症候性キャリア期という症状のない時期が5~10年ほど続いた後、エイズを発症します。

症状:
感染後2~4週間頃に発熱やだるさ、筋肉痛などインフルエンザ様症状がみられます。エイズは発症するまでには長期間を要しますが、発症すると口腔、食道カンジダ症や悪性リンパ腫、認知症など免疫不全による様々な症状が現れます。

診断:
採血検査

治療:
HIV治療薬の投与

エイズと聞くとこわいイメージがあるかもしれませんが、現在は治療薬が著しく進歩しており、発症前にHIVを発見することでエイズ発症を予防できるようになってきています。こわいから検査しないのではなく、早期発見、早期治療が大切です。

梅毒

梅毒とは梅毒トレポネーマという細菌による性感染症です。過去に多かった疾患ですが、近年再び増加してきています。とくに20代女性の感染が急増しています。梅毒に感染している女性が妊娠すると早産や死産になるなど胎児に重篤な異常をきたすことがあります。

潜伏期間:
感染後、3週間、3か月、3年と症状が変化しますが、初期は症状が軽く気づかないこともあり注意が必要です。

症状:
第1期 (感染して約3週間後) 性器や口、肛門など感染した皮膚や粘膜に、小さなしこりやただれができますが2~3週間で消えます。

第2期 (感染して約3か月後~2年) バラ疹とよばれる小豆大の赤い発疹が外陰部や肛門にでます。顔や手足に出ることもあります。脱毛や発熱、頭痛、だるさなどの症状がでる方もいます。

第3期 (感染して約3年後) 梅毒ゴム腫とよばれる全身に硬いコブができます。その後自然に消えますが跡が残り、ゴム腫は繰り返し発生します。

第4期 (感染後約10年以上) 脊髄や脳、心臓、中枢神経にまで病変が及び認知症や下半身が麻痺状態になることもあります。

治療:
抗生物質の内服。第1期であれば3週間ほどの治療期間ですが、第2期は4~8週間、第3期は8〜12週と治療期間が長期化するため早期発見、早期治療が大切です。

B型肝炎、C型肝炎

肝炎ウイルスによる感染症です。現在は輸血による感染や母子感染は少なく、性行為による感染があります。その他、注射針の使いまわし、入れ墨、不衛生な環境でピアスをあけることなどでも感染します。

潜伏期間:
急性肝炎は感染して約1~5か月以内。

症状:
だるさ、食欲不振、嘔気、尿の色が濃くなる、黄疸などがあります。

診断:
血液検査

治療:
B型肝炎は一過性の肝炎2~3か月で自然に軽快するもいますが、症状がある場合入院治療が必要な事があります。B型、C型肝炎ともに、慢性肝炎になり放置していると肝硬変、肝臓がんへと進行してしまう方もいます。

当院ではB型肝炎のワクチン接種が可能です。事前にご予約ください。

おりものの増加や痛みなど気になる症状があれば、一人で悩まずご相談ください。性病も早期発見、早期治療が大切です。