2018年10月22日 - スタッフ

避妊に失敗した!!!こんな時の緊急避妊法『アフターピル』|副作用や価格を解説!

「ゴムが破れてしまって避妊に失敗したかも」

「妊娠を望んでいないのに中出しをされてしまい、避妊できなかった。」

「ゴムが外れて、妊娠するかもしれない」

性交渉で避妊ができず、「妊娠するかも」と不安に感じている女性も多いかもしれません。

避妊に失敗した時は、緊急避妊薬(アフターピル)によって妊娠の確率を阻止できるとされています。

今回は、避妊に失敗した時に役立つ緊急避妊薬(アフターピル)について副作用や価格などをお伝えします。

緊急避妊薬(アフターピル)とは?

緊急避妊薬(アフターピル)とは、性交渉後に服用することで、妊娠する確率を阻止できる薬のことです。

アフターピルは、性交渉後、72時間以内に内服することで排卵と着床を抑えることが可能。

ただし、中絶法とは異なり、あくまで排卵と着床を抑制する効果が期待できるものです。

早く薬を内服するほど避妊効果が高くなるので、できる限り早期にご相談ください。

緊急避妊薬(アフターピル)の種類と価格

希咲クリニックでは、下記の2種類からお選びいただけます。

  1. ノルレボ錠
  2. ヤッペ法

①ノルレボ錠

  • 飲み方:性交後72時間以内に1回内服
  • 避妊効果:約85%
  • 副作用:吐き気(23.1%)、嘔吐(5.6%)
  • 厚生労働省の認可:認可
  • 料金(初診料・税込):16,740円

薬を飲む回数が1回で、副作用が出る可能性が低く、厚生労働省の認可も得ている新しい緊急避妊薬です。

その代わり費用はヤッペ法の倍以上です。

②ヤッペ法

  • 飲み方:性交後72時間以内に1回、その12時間後に2回目を内服
  • 避妊効果:約57%
  • 副作用:吐き気(50.5%)、嘔吐(18.8%)
  • 厚生労働省の認可:未承認
  • 料金(初診料・税込):6,480円

従来からある緊急避妊です。

薬を飲む回数が2回で、副作用が出る可能性が後述するノルレボ錠より高いですが、費用が安く抑えられます。

緊急避妊薬(アフターピル)の副作用

緊急避妊薬(アフターピル)を内服した時に、副作用の症状が見られる場合があります。

副作用には、下記のようなものがあります。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 不正出血
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 眠くなる

これらの副作用が現れることがあるので、アフターピルを内服したら、出来るだけ安静に過ごすようにしましょう。

緊急避妊薬(アフターピル)のQ&A

ここでは、来院された皆さんから寄せられた緊急避妊薬(アフターピル)の疑問について、解決していきます。

Q.もし吐いてしまったら、薬の効果はありますか?

A. 服用から2時間以上経過していれば吸収されていますが、2時間以内に吐いてしまった場合は再度内服が必要なことがあるため、ご相談ください。

 Q.授乳中に飲んでも大丈夫ですか?

A. この薬は母乳中に移行します。

授乳中は少なくても24時間は授乳を避け、その間搾乳し破棄してください。

 Q. 希咲クリニックでアフターピルをもらう場合、予約は必要ですか?

A.予約をしていただいたほうが早く診察が可能ですが、予約がなくても大丈夫です。できる限り早く受診してください。

 Q.希咲クリニックの支払いでは、クレジットカードは使えますか?

A.クレジットカードでの支払いも可能です。

Q.未成年ですが、アフターピルを処方してもらえますか?

A.大丈夫です。保護者の方の同意書や同伴は必要ありません

ひとりでも大丈夫なので、とにかく早くクリニックへお越しくださいね。

緊急避妊薬(アフターピル)はあくまで緊急処置

緊急避妊薬(アフターピル)で完全に妊娠が回避できるものではありません。

アフターピルを飲んで一度妊娠を防げても、『アフターピルがあるから大丈夫!』と、安易に考えるのは絶対にやめましょう。

緊急避妊薬内服後もかならず、正しい避妊をしてください。
(避妊法についてはお気軽にご相談ください)

もし、予定月経が1週間以上遅れている場合は、市販の妊娠検査薬等でご確認ください。

今後、継続的に避妊を考えている方は、低用量ピル(飲み忘れがなければ99%以上の避妊効果)と呼ばれる方法もあるので、気軽にご相談ください。

◆希咲クリニック◆

希咲クリニックは、大阪・梅田からすぐの十三駅にあります。

カフェで友人に悩みを相談しているような……そんな雰囲気のクリニックです。

「産婦人科は行きにくい」「怖い」などのイメージをお持ちの女性も多いですが、当院は女性が気軽に、そしてリラックスしながら相談できる、優しい時間を提供しています。

最近では新たにyoutubeチャンネルを解説した名物院長が、あなたのお悩み、相談をサポートいたします。

▶︎希咲クリニックのトップページはコチラ