ピルの種類と効果

ピル(低容量ピル)には避妊効果があります。

飲み続けることで効果を発揮するため、飲み忘れなく続けることが必要です。

また、避妊効果だけでなく、生理痛が緩和されたり、月経前の症状が軽くなることもあります。

ピルの効果

  • 避妊効果(飲み忘れがなければ避妊率は99.7%。飲むのをやめれば妊娠は可能です)
  • 生理周期が整い、月経量が減ります。
  • 生理痛や、PMS(月経前緊張症)の改善
  • 子宮内膜症の軽減、改善
  • 卵巣のう腫、卵巣がん、子宮筋腫、子宮体がん、大腸がん、骨粗しょう症、にきび、子宮外妊娠、乳腺良性疾患、貧血の発生率の低下

ピルを飲むことで避妊効果が得られますが、内服を止めれば妊娠することも可能です。

ピルを服用するメリット

ピルを服用することで、避妊効果だけでなく様々なメリットがあります。

  • 確実に避妊ができる
  • 月経痛が軽くなる
  • 月経周期が安定する
  • 月経前の体調不良が改善する
  • 月経を自由にコントロールできる

ピルを飲むことで、辛い月経痛が軽くなったり、生理周期が安定することで、予定が立てやすくなるなどのメリットもあります。

また、月経前の体調不良などの月経前症候群(PMS)に悩まされている方も症状の緩和が期待できます。

ピルで生理痛が軽くなる

ピルを内服することで、生理痛を軽くすることができます。

生理痛の原因は、卵巣から分泌される黄体ホルモンによるものです。

ピルには排卵をストップさせる作用があるので、生理痛や生理前の不快感の原因となる黄体ホルモンの分泌を抑えることができます。

ピルは避妊効果で知られていますが、生理痛や月経前症候群と呼ばれる症状などにも効果的です。

低用量ピルの種類

低用量ピルには、目的に合わせて次の2種類があります。

  • 低用量経口避妊薬(OC):避妊が目的
  • 低用量エストロゲンープロゲスチン(LEP):月経困難症などの治療が目的

避妊が目的の場合は、低用量経口避妊薬(OC)の方になります。

希咲クリニックで扱っているピルの種類

当院で扱っている低用量ピルの種類は、下記の通りです。

避妊が目的の低用量経口避妊薬(OC)の種類

【マーベロン28】

【ファボワール錠28】

【トリキュラー錠28】

【ラベルフィーユ錠28】

治療目的の低用量エストロゲンープロゲスチン(LEP)の種類

月経困難症の治療薬としてピルを内服する場合は、健康保険の適用となります。

【健康保険適用の低用量ピル】

【ヤーズ配合錠】

【ヤーズフレックス配合薬】

【ルナベル配合錠】

ピルの種類に関して不明点や疑問点があれば、遠慮なく質問してくださいね!