妊婦検診

妊婦健診は、お腹の中の赤ちゃんとお母さんの健康のために受診することが望ましいとされています。

出産をより安全に行うためにも、定期的に診察や検査を行いましょう。

安心、健やかな妊娠・出産のために

当クリニックでは、里帰り分娩や近隣の総合病院等でご出産される方の妊婦健診を行っております。

分娩は取り扱っておりませんので、分娩の際は近隣病院または里返り先で行う形になります。

妊婦健診のスケジュール

妊婦健診は、妊娠週数によって受診する間隔が異なります。

  • 妊娠初期〜23週:4週間に1回
  • 妊娠24〜35週:2週間に1回
  • 妊娠36週〜出産まで:1週間に1回

上記は標準的な妊婦健診のスケジュールの例ですが、妊婦さんと赤ちゃんの健康状態に合わせて変わってくることもあります。

妊婦健診の内容 

妊婦健診の内容は、健康状態の把握のための検査などを行います。

  • 血液検査
  • 子宮ガン健診
  • 超音波検査
  • 感染症検査
  • 血圧や体重などの計測
  • 保健指導

これらの検査に加えて、妊娠週数に応じた診察を実施します。

保健指導の内容 

妊婦健診の中には保健指導の項目が含まれています。

保健指導とは、妊娠期間を健やかに過ごすためのアドバイスや妊娠・出産・育児に関する不安や悩みの相談に応じるものです。

医師の診察とは別に助産師によって行われます。

妊娠期間中の不安や出産前に必要な準備、疑問などがあれば気軽にご相談ください。

希咲クリニックの3つの選べる妊婦健診 -3Styles-

希咲クリニックでは、妊婦健診を3通りのスタイルからお選びいただけます。

Style 1

妊娠32週ごろまで

  • 当院で妊婦健診を受診
  • 途中、出産予定病院にて、1~2回ほど妊婦健診をお受けいただきます(病院によっては必要のない場合もあります)

妊娠34週ごろから

  • 淀川キリスト教病院、十三市民病院をはじめとする 近隣病院、または里帰り先で妊婦健診・分娩

Style 2:JCHO大阪病院の産科オープンシステムを利用される場合

産科オープンシステムとは、妊婦健診は、当クリニックでお受けいただき、分娩は病院や周産期センターで行うシステムです。

患者様の分娩時に、当院院長が立ち会うこと(当院休診日や休診時間帯で対応が可能な場合に限る)も可能です。

妊娠34週ごろまで

  • 当院で妊婦健診を受診
  • 妊娠初期に1度JCHO大阪病院を受診

妊娠36週ごろから

  • 36週以降はJCHO大阪病院にて妊婦健診
  • JCHO大阪病院にて分娩
  • 分娩時に、当院院長が立ち会うこと(当院休診日や休診時間帯で対応が可能な場合に限る)も可能です。

Style 3:千船病院の産科オープンシステムを利用される場合

妊娠40週まで

  • 当院で妊婦健診を受診
  • 途中、妊娠中期と後期の2度千船病院を受診

妊娠41週以降

  • 分娩に至っていない場合は、千船病院にて妊婦健診

分娩時

  • 千船病院にて分娩
  • 分娩時に、当院院長が立ち会うこと(当院休診日や休診時間帯で対応が可能な場合に限る)も可能です。

妊娠中〜出産後、ママの体や育児・授乳に関して不安なことや疑問があれば助産師外来にご相談ください。出張もいたします。

妊娠〜出産までに知っておきたいこと

初めて妊娠、そして出産を迎えられる方は、不安も多いことと思います。

希咲クリニックでは、安全そして安心して出産を迎えていただくためのサポートを行なっています。

妊娠から出産までの間に関して疑問や不安があれば、いつでもお気軽にご相談ください。

妊娠初期に知っておきたいこと

妊娠初期は妊娠してから23週までの期間のことを指します。

この期間中は、下記のことを知っておきましょう。

  • 妊婦健診のスケジュール
  • つわりの対処法
  • 流産の兆候と予防
  • 妊娠中の食事
  • 出産場所を選ぶ

妊娠中期に知っておきたいこと

妊娠中期は、妊娠24〜35週の期間のことです。

この時期は、お腹が大きくなり、体の変化により様々な症状が起こることがあります。

  • 貧血の予防
  • 早産の予防
  • 妊娠中に起こる症状への対応
  • 腹帯の巻き方
  • 妊婦体操
  • 母親学級へ参加
  • 赤ちゃんグッズの準備
  • 里帰りの時期

妊娠後期に知っておきたいこと

妊娠後期は、妊娠36週〜出産までの期間のことです。

出産に向けての準備を行う時期でもあります。

  • 入院の準備
  • 出産に向けての心の準備
  • 異常の兆候

妊婦健診に関する疑問Q&A

ここでは、妊婦健診に関する疑問についてお答えしていきます。

Q.妊婦健診はいつから?

A.「妊娠したかも」と思ったら来院ください。

妊婦健診は妊娠してからがスタートとなりますが、まずは「妊娠したかも」と思われた時点で来院して受診してください。

来院いただき、正常に妊娠しているかなどの検査を行い、妊娠週数を把握します。

妊娠してすぐの場合は、赤ちゃんの心拍が確認できない場合もあるので、確認できるまで定期的に通っていただくこともあります。

Q.妊婦健診の費用はどれくらい?

A.自治体の助成金が利用できます。

妊娠〜出産までにかかる妊婦健診の費用は、自治体からの助成金や補助券が利用できます。

大阪市の場合は、妊婦健診の際に使用できる「受診票」が交付されます。

受診票を利用することで、妊婦さんの自己負担にならず、安心して検診を受けることが可能です。

どの受診票を利用するか、など不明な点がありましたら、気軽にご相談ください。

妊娠から出産を安心して迎えるために

大阪や梅田から近い場所にある十三の希咲クリニックでは、妊娠から出産までを安心して迎えていただくためのサポートを行なっています。

出産は女性にとって人生の一大イベントであり、不安も大きいと思います。

特に初めての妊娠、出産となると分からないことばかり。

不明な点や不安などがありましたら、気軽にご相談にいらしてください。