婦人科諸症状

生理痛や生理不順、おりものの異常など、女性ならではのトラブルにお悩みの方も多くいらっしゃいます。

特に、月経(生理)に関して、出血量が多い、生理前の不調が辛いなどの症状に悩まされる方も少なくありません。

生理痛や生理前の不調は、内服による治療で改善することも可能です。

まずは気軽にご相談にいらしてください。

婦人科のよくあるお悩み

「婦人科ってどんな症状で受診すればよい?」などと疑問に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

婦人科を受診される患者さんの多くは、生理痛や出血量が多い、生理前後のイライラなどの不快な症状があるなどのお悩みをお持ちの方です。

生理やおりものの異常など、女性特有のトラブルがある場合は、婦人科を受診してください。

生理前のイライラや頭痛(PMS)

生理前にイライラしたり頭痛があるという方もいるでしょう。

これらは、月経前症候群(PMS)と呼ばれる症状かもしれません。

月経前症候群(PMS)とは?

月経前症候群(PMS)とは、premenstrual syndromeの略であり、月経前の3〜10日ほど続く精神的あるいは身体的な症状のことです。

症状の度合いなどには個人差もありますが、月経が始まると軽快または消失します。

「生理前はいつも以上にイライラしてしんどい、だけど生理が始まるとイライラがなくなる」

こんな症状を経験したことがある方もいるのではないでしょうか?

月経前症候群(PMS)の原因

月経前症候群(PMS)の原因はハッキリとは分かっていませんが、女性ホルモンが大きく影響していると考えられています。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる2つのホルモンがあります。

生理前にはこの2つのホルモンの変化が起こるため、様々な不快な症状などを引き起こすと言われています。

月経前症候群(PMS)の症状

月経前症候群(PMS)の症状は個人差がありますが、下記のような症状が見られることがあります。

  • イライラ
  • 不安
  • 眠気
  • 集中力の低下
  • 睡眠障害
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • お腹の張りなど

月経前症候群(PMS)の治療方法

月経前症候群(PMS)は、我慢しなければならない症状ではありません。

治療方法には、気分転換や食事に気を配ることなどもありますが、内服によって症状をコントロールすることも可能です。

例えば、低用量ピルを内服し、排卵を抑えることで女性ホルモンの変動をなくすことで症状の軽減します。

また、漢方薬によって症状をコントロールすることもできます。

当院に通っていただいている患者さんの多くは、内服による治療で改善が見られています。

【生理不順】生理が来ない、不規則

生理が何ヶ月も来ない、生理が終わらない、生理周期がバラバラで不規則などのお悩みをお持ちの方もいらっしゃいます。

正常な生理周期は25〜40日であり、生理周期が不規則な状態のことを「生理不順」と呼びます。

当院では、生理不順を主訴とする患者様がとても多く来られます。

生理周期がバラバラで安定しない、何ヶ月も生理がこない、何週間も生理が終わらない、生理が終わってすぐにまた生理がきた、等症状は様々です。

超音波で子宮や卵巣を確認し、採血で原因を知り、内服等で治療を行います。また、人の身体は精密機械ではないので、ストレスや身体の状態で生理周期が崩れてしまうことはおかしいことではありません。

考え込まず、まずは正常でも上記のような症状があるということを念頭にご来院ください。

生理不順が起こる原因は?

生理不順の原因としては、下記のようなものが考えられます。

  • 妊娠
  • 体重減少や運動
  • ストレス
  • 更年期
  • 性機能が未発達など

また、排卵が起こらない状態になると生理が来なくなります。

排卵が起こらない主な病気として、「多のう胞性卵巣症候群」と呼ばれるものもあります。

排卵しにくい体質ですが、女性ホルモンが分泌されないわけではありません。

それ以外にも、子宮や卵巣に病気が潜んでいることもあるので、まずは検査を受けられることをおすすめします。

生理不順を放っておくとどうなる?

生理不順は、排卵が起こらないなどの身体的な原因が隠れている場合もあります。

生理が来ない原因として、女性ホルモンが分泌されていない可能性も考えられるため、放置してしまうと妊娠しにくくなるなどのリスクもあります。

生理が来ない、1ヶ月に何度も生理が来る、生理周期が不規則で予定が立てにくいなどのお悩みの方は、一度ご相談にいらしてください。

【不正出血】生理以外の出血がある

女性で不正出血をしたことがない方はほとんどいないのではないでしょうか。

当院に限らず、婦人科に来られる患者様の中で最も多い症状です。それだけたくさんの女性が、日常生活で不正出血を経験し、不安を感じているということになります。

不正出血も本当に原因は様々です。ストレスや環境の変化、ピルの飲み忘れや内服時間のズレ、妊娠初期中期、更年期症状、婦人科系の癌、子宮内膜症、子宮筋腫と幅広いので、全てにおいて自己判断しすぎずに、ご相談ください。

不正出血とは?

不正出血とは、月経(生理)時以外に出血が見られる状態のことを指します。

出血の量は下着にほんのりピンクに色づく程度から生理と同じ量の出血があるなど、個人差があります。

女性ホルモンの乱れなどから起こるものもありますが、重篤な病気のサインであることもあるため、出血量が多い、長期間続くなどの場合は、必ず婦人科を受診しましょう。

不正出血が起こる原因

不正出血が起こる原因としては、下記のようなものが考えられます。

  • 排卵日前後に起こる出血
  • 思春期や更年期によるホルモンバランスの乱れ
  • ストレスによるホルモンバランスの乱れ
  • 子宮頸がん、子宮体癌
  • 膣炎
  • 子宮内膜炎
  • 子宮筋腫
  • 子宮外妊娠など

子宮内膜症などの病気のサインであることも考えられるため、症状を放置することや自己判断するのは危険です。

代表的な病気については、次の項目でご紹介します。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、原因不明の何らかの作用により、子宮以外の部位に生理が起こってしまう症状です。

症状としては、下記のようなものがあります。

  • 月経困難症
  • 不正出血
  • 月経過多
  • 月経時以外の腹痛
  • 腰痛
  • 排便痛など

また、不妊症の原因としても有名です。

治療は、症状によって様々ですが、薬の内服や注射、症状が強い場合は手術の適応となります。

子宮筋腫

女性ホルモンが原因で子宮筋から発育する良性の腫瘍です。

大きいものではこぶし大程もあり、症状としては下記のようなものがあります。

  • 月経過多やそれに伴う貧血
  • 辛い生理痛など

日常生活に支障をきたすレベルの症状があったり、妊娠出産の時のリスク要因となる場合は手術の適応となります。

筋腫が小さく無症状である場合は、数か月に1回超音波で筋腫の大きさの変化を診ていきます。

ごく稀に、良性ではなく悪性腫瘍が混じっている可能性がありますので、このように経過を診ていくことはとても重要です。

MRIでの画像診断が必要な時は総合病院に紹介させて頂きます。

過去に筋腫を指摘されたことがある方は、3ヶ月~半年毎の経過観察をお勧めします。

卵巣腫瘍(嚢腫)

卵巣腫瘍とは、子宮の両側にある2~3cm程の卵巣に腫れが生じた状態をいいます。

そのうち、腫れの中が液体成分のものを嚢腫といいます。

症状は、次の通りです。

  • 腹部片側の痛み
  • 不正出血
  • 便秘など

症状に気づきにくく、発見が遅れることが多いのが特徴です。

当院では、超音波にて卵巣を観察し、今後の治療方法を判断します。悪性の可能性がある場合、MRI等の画像診断や腫瘍マーカーでの診断のため、総合病院に紹介させて頂く事もあります。

デリケートゾーン(陰部)のかゆみ

デリケートゾーンのかゆみを訴えて来院される患者さんも多いです。

原因は、カンジダ菌や、雑菌であることが多く、塗り薬や膣に入れる薬で症状が治まります。

中には、性病が原因の場合もありますので、いつか治るだろうと放置せずに気軽にご来院ください。

デリケートゾーンのかゆみの原因

デリケートゾーンのかゆみの原因としては、下記のようなものが考えられます。

  • カンジダ、雑菌、トリコモナスなどの病原菌による感染
  • かぶれ
  • アレルギー

身体の抵抗力が低下したり、性交渉による刺激が原因でかゆみが引き起こされることもあります。

性器のかゆみは市販薬で治せる?

カンジダの治療薬などはドラッグストアにも売っているので、市販薬を使用することも可能です。

ただし、初めての場合は販売してもらえないこともあるので、病院で検査をして適切な治療を受ける方が良いでしょう。

また、自己判断により使用する薬を間違えてしまうと症状が悪化してしまうことも考えられます。

性器にかゆみがある場合は我慢せず、病院で診察を受けましょう。

おりものの異常

当院に来られる患者様に非常に多い症状です。

おりものに悪臭がある、色がおかしい、量がおかしい、血が混じっているなど。

原因は様々で、細菌の増殖、膣炎、異物の混入(タンポンの取り忘れ)、子宮頸体癌などがありますが、おりものの性状は、排卵期や生理前でも変わりますので、正常なおりものである可能性もあります。

おりものの異常は、身体の異常を示す重要なサインでもあります。異常を感じた時は、自己判断せずにご相談ください。

正常なおりものとは?

おりものは生理周期や体調などによって変化することがあります。

おりものの量などは個人差もあるため、少しでも多くなると不安になりますよね。

おりものは、膣の自浄作用などの大切な働きをしているので、おりものが見られる状態が正常です。

ただし、おりものシートでカバーできないほどの量が出るなどの場合は、何らかの原因があることが考えられます。

こんなおりものに注意!

おりものの量が急に増えた、悪臭がする、おりものの色がいつもと違うなどの症状があれば、性感染症(STD)の可能性があるため、婦人科を受診して治療しましょう。

婦人科の悩みは1人で悩まず、すぐに相談を

月経やデリケートゾーンのお悩みは、周りの人にも相談しにくいですよね。

かと言って症状を放っておくと重篤な病気に繋がることもあります。

安易な自己判断はせず、少しでも不安な症状がある場合は、すぐに相談してください。

受診することによって原因がわかれば、心のストレスも軽減できます。

大阪・梅田からすぐの十三にある希咲クリニックは、悩める女性の味方です。